院長からのメッセージ
 私は仙台市医療センター仙台オープン病院で胃・大腸がんの早期発見・治療を目指し、内視鏡・消化器病専門医として17年間勤務して参りました。この間、がん検診、炎症性腸疾患などの消化管疾患や生活習慣病の診療、救急医療に従事し、内視鏡検査・治療数は約30,000件以上の経験を得ることが出来ました。学会活動では主に早期大腸がんの診断・内視鏡治療、大腸がん検診などの研究を行い、多くの学会・論文発表、講演、執筆、厚生労働省の大腸がん関連研究班、海外の大学病院での内視鏡技術の指導などに携わらせて頂きました。近年、本邦ではがんが増加し、胃・大腸がんの早期発見・治療の重要性が増しています。そのため、これまでの経験を生かし、苦しくない内視鏡検査、不安や負担の少ない内視鏡治療を多くの方々にお届けしたいと考えております。さらに高血圧、糖尿病などの生活習慣病、予防医療に対しても積極的に関わり、地域医療に貢献しつつ、皆様に「安心」してご利用して頂けるクリニックを目指していきたいと考えております。
院長 医学博士
松永 厚生
 
院長プロフィール
氏名:松永 厚生(まつなが あつお)
医学博士(東北大学 医学部)
日本消化器病学会 評議員 専門医 元指導医
日本消化器内視鏡学会 評議員 専門医 元指導医
日本大腸検査学会 評議員
日本内科学会 認定内科医
日本消化器がん検診学会 元評議員 元専門医
日本消化菅学会  元評議員 元専門医
日本大腸肛門学会  元専門医